MENU

専業主婦が審査で落ちる理由で多いのは?

専業主婦がキャッシングの審査で落とされてしまった場合、その理由は基本的には普通の会社員やOLと変わりませんが、特に現在の借り入れ総額や件数が多い、信用情報に問題があるといった理由であることが多いです。

 

主婦の利用におすすめ!
女性におすすめレディースローン 主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGページヘ

 

 

借り入れ総額が問題になることが多いです

本人に収入のない専業主婦の場合、消費者金融から借り入れを行うことができません。ですので必然的に銀行のカードローンを利用していることになります。この銀行のカードローンでは夫の収入を元に配偶者貸付という制度を利用して、専業主婦でも借り入れを行うことができます。

 

この時点で、収入面は問題にならないということです。また会社員やOLの場合は審査で落とされてしまう原因となる職場への勤続年数も関係ありません。一番の原因は、現在の借り入れ総額です。

 

 

専業主婦が借り入れを行えるのは30万円まで

自分に収入のない専業主婦が借り入れを行えるのは、一部の銀行を除いて30万円までになっています。夫の収入が多い場合でも同様です。このため、1つの銀行で30万円を借りた場合、もう他の銀行から借り入れを行うことはできなくなります。これが審査で落とされてしまう原因です。中には限度額が50万円までの銀行もありますが、他から既に30万円を借りている場合、審査に通ることはありません。

 

夫の収入は関係ありません

上でも少し書きましたが、専業主婦のカードローンの利用に夫の収入は関係ありません。もちろん夫に定期的な収入があることが条件になりますが、その収入が多い場合でも、専業主婦に対しては基本的に30万円以上の貸し出しは行いません。

 

ここで勘違いをしているかも知れないのが、夫の年収の1/3まで借り入れを行えると思っている人がいるということです。ですがそれは消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用して、自分の収入で借り入れを行う場合の話です。そもそも銀行には元々その収入の1/3までという総量規制が適用されません。

 

専業主婦に対しては、夫の収入を元に配偶者貸付によって貸し出しを行っているのです。30万円という数字は、その金額までであれば、収入がない専業主婦に対して貸してもまず問題がないと考えている金額ということです。

 

信用情報が問題になる場合があります

他の銀行からの借り入れがないのに審査で落とされてしまった場合、信用情報が問題になった可能性が高いです。これは専業主婦の人に限った話ではなく、例えば債務整理を行ったことがある場合、最低でも5年間はキャッシングの利用やクレジットカードを契約することができなくなります。

 

このような信用情報は信用機関に記録されており、審査の際には必ずそれをチェックします。また過去にキャッシングやクレジットカードの支払いを遅延したことがあるような場合も、それが問題になることがあります。キャッシングやクレジットカードを使用した場合、またその他のローンを組んだ場合、そういった情報は全て記録されます。過去に返済のトラブルなどの問題を起こしたことがある人は審査でそれが分かってしまうため、落とされてしまう可能性が高くなります。

 

信用情報を回復するには?

このような信用機関に記録されている利用歴をクレジットヒストリーと呼びます。このクレジットヒストリーは、自分で改善することができます。それは借り入れを行い、きちんと返済を行うことです。それを繰り返すことで、もし過去に返済の遅延をしたことがある人でも、最近はきちんと返済しているというをアピールすることができます。

 

そのためには審査の甘いクレジットカードを利用することが一番です。特に利用できる範囲の狭いカードは審査が甘く、簡単に手に入れることができます。例えば特定のガソリンスタンドでしか使用できないカードや、特定のデパート内で使えないカードがそれに当たります。

 

このようなカードをハウスカードと呼びます。このハウスカードを契約し、なるべくたくさん利用して、一括で返済することを繰り返します。これによってクレジットヒストリーを回復することができます。

 

夫の職業や収入が問題になることも

夫の収入は関係ないと上で書きましたが、実は例外もあり、夫が自営業や小規模の会社の経営者の場合です。この場合は夫の収入証明書を見せるように言われることがあります。提出こそ求められませんが、それに記載されている年収額が少ない場合は審査で落とされてしまう可能性があります。

 

夫が会社員など定期的に収入がある職業に就いている場合は何も問題ありませんが、自営業などそうでない場合はこれが審査で落とされる原因になることがあります。専業主婦として生活できている時点で、自営業などでも夫にそれなりの収入があることは判断できますが、その安定性が疑問視されることがあるということです。

 

夫に収入があれば、専業主婦でもまず問題なく銀行のカードローンを利用できますが、中にはこのような理由で借り入れを行えないこともあると覚えておいてください。

スピードカードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日