MENU

本審査で落ちてしまう原因とは

大手の消費者金融では、各社の公式サイトに仮診断用のコンテンツを用意しています。これはお試し診断などという名前になっていて、数項目を入力するだけで借り入れが可能かどうかが分かるようになっています。

 

この仮診断で問題がなかった場合でも、実際の審査で落とされてしまうことがよくあります。そのような場合について見ていきます。

 

仮診断で簡単チェック!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

仮審査はあまり信用できません

各社が用意している仮審査コンテンツは最低限の項目しか用意されていないため、そもそも当てにならないところがあります。ここで通らないようでは実際に借り入れを行うのは難しいですが、通ったからといって実際の審査を通るとは限りません。

 

実際の審査では更に色々な項目を入力・記入し、それによる判断が行われます。また信用情報が問題になることもあります。この信用情報とは、申し込みを行った人のキャッシングやクレジットカード、各種の分割払いなどの利用記録のことです。それらを利用したことがあると、借り入れを行った額や返済をきちんと行ったかどうかの情報が全て記録されています。

 

現在他社からの借り入れがある場合はもちろんその総額や件数が分かります。それによって審査を通らないことがあります。また過去に返済でトラブルを起こしたことがあったような場合はそれが問題になることがよくあります。仮審査ではそのようなことを考慮しないで年齢や借り入れ希望額、年収などだけで判断を行っていることが多いので、そこでは何も問題がなくても、実際の審査で過去の返済についての対応などが問題になって落とされてしまうことがあるということです。

仮審査は結構いい加減な作りです

仮審査は結構いい加減な作りになっていて、例えば最大限度額が500万円のアコムで、他社からの借り入れ金額を以上と入力しても通ってしまうことがあります。これは実際にはありえない話です。また消費者金融には総量規制という、年収の1/3を超える借り入れは行えない決まりがあります。

 

ですが年収を300万円、他社からの借り入れ金額を100万円と入力しても通ってしまうことがあります。この場合、既に総量規制ギリギリまで借り入れを行っているので、実際には新たな借り入れの審査を通過できることはありません。このように、仮審査はかなりいい加減な作りになっているということです。

 

大手の消費者金融の中では、プロミスのお借入診断が比較的よくできています。上のようなケースは審査を通らなくなっていて、実際の審査での判断に近いです。ですが信用情報による判断は行っていないため、やはり実際の審査よりかなり甘く判断されていると思ってください。まずここで通らないことには実際に申し込みを行っても落とされてしまう可能性が高いといえます。

 

本審査で問われる項目とは

仮審査では、その人の年収や他社からの借り入れ総額や件数、年齢くらいしか問われませんが、本審査ではその他にも色々な項目を入力・記入します。例えば現在勤務している会社名や雇用形態、勤続年数です。やはりアルバイトの人より正社員の人の方が有利になります。

 

また誰でも知っているような有名企業の場合はこれも審査で有利に働きます。勤続年数も多いほど比較的収入が安定していると判断されます。仮審査にはないこのような色々な項目が判断要素になります。また現在持ち家に住んでいるのか賃貸なのかも、キャッシングの審査では大きな判断要素になります。

 

賃貸の場合は毎月家賃を支払っているので、その額を問われます。持ち家の場合と比べて、その額の分だけ毎月自由に使えるお金が減ることになるので、返済に回せる分も少なくなると判断され、限度額に影響することがあります。また収入に対してこの家賃の比率が高い場合、少額の審査でも通らないことがあります。

 

本審査ではこのように、あらゆる情報から総合的に判断を行っています。仮審査に通ったからといって安心するのは早計です。まずそれに通らないようでは借り入れは行えない、本当の最初の段階くらいに考えてください。

 

モビットの仮審査だけは別です

ネットの仮審査でも、モビットの10秒簡易審査はかなり正確です。それもそのはず、本審査で入力する項目をほとんどそのまま入力するので、他社の項目が3〜4項目しかないような仮審査とは信頼度が違います。

 

その分入力に手間は掛かりますが、ここで通過できた場合、問題になるのは上で書いた信用情報だけです。それ以外の項目に問題がある場合はこの仮審査の段階で通らないので、信用情報による判断以外は実際に申し込みを行うのとほぼ同様の審査を受けることができます。

 

モビットからの借り入れを考えている場合、まずこの10秒簡易審査を受けてみてください。他社とは違って本当の申し込みを行った時並の基準の審査を受けることができます。これを通過できれば、信用情報に何も問題がない場合、そのまま借り入れを行える可能性が高いといえます。

スピードカードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日