MENU

10万円以下の少額融資が初心者にはおすすめ

キャッシング利用実績がない人は10万円以下の少額を希望するのが良いでしょう。利用実績がないということは返済してもらえるかどうか業者側は判断が難しいのです。そのためいきなり大金を貸す事はできません。まずは少額で借りることによって返済実績を作る事が大切です。

 

そもそも初回から大金を貸してくれとお願いしても希望が通る事はほとんどありません。場合によってはそれが原因で審査自体落ちる事もあります。審査に落ちてしまえば1円も借りる事はできませんから少額融資からはじめるのが良いのです。

 

10万円以下なら大抵の場合で審査を通過できる

業者としては少額であれば貸してもリスクが低いと判断できます。そのため消費者金融や銀行ではじめてお金を借りるケースでも少額なら審査に通りやすくなります。

 

もちろん正社員であれば収入が安定しているため簡単にお金を借りる事ができます。しかし、正社員でなくともアルバイトやパートで定期的に収入があれば少額の融資なら受けられます。それなりに収入があり過去に返済を滞納したなどの実績がなければほとんど問題ありません。

 

住宅ローンなどを既に組んで居る場合

住宅ローンや自動車ローンを利用していると場合によってはキャッシングの審査が不利になります。ローンを既に組んでいるという事は毎月の返済があるということです。いくつも借金があれば生活するためのお金すら足りなくなるかもしれません。

 

そういった人にお金を貸しても返済してもらえるかわかりません。毎月のローン返済額が大きい場合は時にキャッシングへも影響が大きいと言えます。この他既にローンを利用している場合には返済をしっかりと行っているかも審査ポイントになります。

 

滞納をしている場合は金融事故として処理されている可能性が非常に高いのです。信用情報に金融事故が記載されていると審査に落ちる可能性が非常に高まります。返済の延滞に関しては業者によりますが、大抵は2ヶ月程度までは見逃してくれます。とにかく借りたお金はすぐに返済することを心がけましょう。

 

少額融資を狙うなら消費者金融

少額での融資をしてもらうのであれば消費者金融をおすすめします。銀行のカードローンを利用するよりも有利な面が多いのです。銀行のカードローンの最大のメリットはその金利の低さですが、少額だと差額も小さくなります。

 

一方で審査や融資スピードなどは消費者金融のほうが利用しやすいため特に即日融資などを希望する場合には消費者金融の方があっています。

 

最短で30分で審査終了!

なんと大手の消費者金融では最短の場合30分程度で審査が終わります。長くても1時間程度とかなりスピーディーな審査です。有名なプロミスやアコムといった業者を利用すれば審査時間にはあまり差がないと言えます。

 

もちろん審査後に振込手続きなどがあるため実際に歯30分で融資まで進むことは難しいかもしれません。それでも合計で1時間程度で現金を手にできるというのはとても便利と言えます。銀行のカードローンでも同様にとても早いサービスもいくつか存在してはいますが、ほとんどの場合で消費者金融よりも時間がかかるでしょう。

 

消費者金融のほうが審査に通過しやすい?

消費者金融の審査は銀行と比べると比較的優しいと言われています。急いでお金を用意したい時に銀行のカードローンを利用して審査に落ちてしまっては困ります。こうした審査の傾向はただの口コミだけではなく業界誌などでも掲載されており、「月間消費者信用」では数値として間違いなく存在していることがわかります。

 

将棋者金融では審査通過率は40%〜45%程度なのに対して銀行のカードローンは20%〜30%程度です。あくまでも業者が発表している明確な数値ではないため実際に体感としてはもう少し高いでしょう。(審査に落ちた人が他の業者で更に審査に落ちるなどのケースで通過率が下がるためです。)

 

このように目安の数値ではありますが確実に差は存在しています。実に審査通過率に2倍近い差があるという事実は無視する事ができません。どちらの方が審査に通過しやすいかという点は急ぎの場合にはとても大切になります。

 

少額融資なら消費者金融を利用するデメリットがない

すでに紹介したように銀行のカードローンのメリットは金利の低さです。当然ながら借入金額が大きくなればなるほど金利差は大きなものになります。ですが10万円以下のような少額融資では1月あたりの金利は数百円の差に収まります。
もちろん早めに返済すれば更に金利の差は少なくなります。差がないわけではありませんが実質的な差はほとんどありません。この程度の差額であれば消費者金融の利便性の方が大きくデメリットとして考える必要はないでしょう。特に借入が少額の場合は消費者金融のメリットの方が大きくなる場合が多いのです。

 

キャッシングはストレスレスへ

キャッシングは借りてから返済するまでがワンセットです。借入する金額にもよりますが長い付き合いとなる場合もあるでしょう。そこで返済に手間がかかったり資金繰りにストレスを抱えるようではいけません。例えば返済の手数料が安いからといって遠くにしか専用ATMがない業者を利用する事が大切でしょうか?

 

トータルで考えた時に本当にその業者が一番良いのか考え直してみるべきでしょう。キャッシングは実際の金利はもちろんのこと借入や返済にかかる手間もコストとして考えましょう。ストレスの少ない借入方法を用いて早めに返済することが大切です。

スピードカードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日