MENU

借入の痕跡を残さないコツとは?

家族にヒミツで借入をすることは可能です。でも、“ヒミツに利用したつもりの借入”が家族にバレてしまうケースは少なくありません。

 

では、どこから家族に借入のことがバレてしまうのでしょうか。その代表的な3つの例を、ここで紹介したいと思います。

 

通帳からバレるケース

これは家族のお金を1つの通帳で一括管理している場合によくあるパターンです。借入の返済方法は様々ですが、店頭に直に払いに行くより、近年は振込・口座振替を利用するのが一般的。ですが、それだと返済の支払履歴が通帳に残ってしまうことに!

 

それを配偶者などが見て不信に思い、そこから借入がバレてしまうことが多々あるのです。家族と共通の通帳を利用している、またあなたの通帳を家族が見る機会が多い場合には、通帳に返済のための振込履歴を残さないことが肝心。このことを念頭において返済方法を選びましょう。通帳(口座)に痕跡を残さないためには“ATM”での返済がベストですよ。

 

ローンカードからバレるケース

次に、家族に借入のことがバレるケースとして多いのが「ローンカードが見つかる」というもの。机の上にウッカリおいておいたまま忘れたり、カバン・財布にいれておいたものが家族の目に触れてしまったりする…ということは意外とよく起きるのです。とくに買い物の際、家族に財布を渡したところローンカードが見つかってしまい、そこから借入がバレるケースは少なくありません。

 

わたしはそんなミスはしない…と思う方もあるでしょうが油断禁物。カードの管理は慎重にしましょう。また、家族に見つかる危険が高いと思う方は、キャッシュカードにローン機能を付け加えたタイプの銀行カードローンの利用がオススメ。これなら家族に見られたとしても安心ですね。

 

返済遅延からバレるケース

さて、借入がバレる3つ目の理由は「返済遅延」です。返済期日にきちんと振り込みをしないと、借入先から連絡が届き、それがもとで家族に借入がバレてしまうケースがあるのです。もちろん…うっかり返済日を忘れるということもあるでしょうから、返済が遅れたとしても、すぐに家に連絡が届くわけではありません。

 

はじめは、携帯への電話またはメールに“振込が遅れている”という旨の連絡が入るのみ。この段階で素早く返済を済ませれば、それ以上に連絡がくることもなく大事にはなりません。ただ、そうした連絡を無視して返済の先延ばしを続ければ、今度は家の固定電話や勤務先などに返済催促の連絡が届くようになるのです(ただし、家族や同僚に対し「○○さんに借金返済の催促です」などいうように借入のことがばれるような電話の仕方はしてこないので、その点は安心してください)。

 

しかし、それでも返済をしないでいると、「返済勧告書」や「催促状」などが自宅に送られてくることに。こうした書類についても、なにも督促状などという文字が封筒に書かれているわけではなく、それとわからないよう工夫・配慮はされています。とはいえ、「何度も似たような電話がかかる」「何度も同じ見た目の郵便物が届く」といったことが起きれば、家族に不審がられるのは明らかなこと。こうして借入のことがバレることはよくあるパターンです。

 

返済が遅れそうなときには、前もって金融機関にその旨を連絡しましょう。また、返済がうまくいかないときにも、黙って返済遅延をするのではなく、相談することが大切。相談をすれば、「とりあえず利息だけ支払ってください」とか「月々の返済額を減らしましょう」など、新たな返済プランを一緒に考えてくれるはずです。

 

ひと昔前には、返済が遅れると厳しい取立がやってくることもありましたが、今、そんなことはありません。ですから返済が遅れそうなとき・難しいときは、シッカリそのことを相談するのが最善の策。そうすることが家族に借入のことがバレるのを防ぐことにもつながるのです。

スピードカードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日