MENU

在籍確認の説明と、電話以外での方法

在籍確認は一般的には電話で行われます。内容は至って簡単で、オペレーターが「○○さんはいらっしゃいますか」と聞くだけです。在籍していますか、や、在籍確認のお電話で、などと言われることはまずありませんので、ご安心ください。

 

もちろん、自分が会社にいる時間にも電話は掛かってくるかもしれませんし、いない時に掛かるかもしれません。ですが、どちらの場合でもきちんと会社に在籍していると分かる返答を頂ければそれで在籍確認は成功となります。ですので、そこまで怖がるものではないのです。

 

職場でキャッシングを利用していることがバレたくない

キャッシングの利用はどうしても後ろめたいと感じてしまうものです。そのために、職場の同僚や上司にできるだけ知られずに利用したいと思われるでしょう。その場合も安心してください。キャッシング会社はできる限りで、キャッシングの利用がバレてしまわないように配慮してくれます。

 

金融機関の電話とは名乗らない

まずは、電話口では決して金融機関からの電話でも、ましてや在籍確認の電話だと口が滑っても言いません。オペレーターが個人名を名乗って自然に聞き出すようにしてくれます。金融機関としても、利用者がキャッシングをしようとしていることが、バレてしまうと、自社の評判に関わってしまうことですので、非常に慎重に行うようにしてくれています。何より、オペレーターはプロですので、安心しきって任せても大丈夫です。

 

バレる場合はそれでも考えられる

かといって、完全にバレないと安心できる訳ではありません。例えば、電話が来ないような仕事に就いている方、または電話が掛かってくるような用事のなさそうな部署に務めている方の場合ですと、電話が掛かってきた時点で同僚の誰かがうすうすと在籍確認の電話なのではないか、と勘付いてしまうかもしれません。

 

また、本人が電話に出る際には、電話口で生年月日と住所を述べるのですが、そのようなことは、会社での仕事では全く不必要なことですし、キャッシングを利用したことのある方ならば、その会話を聞いているだけでキャッシングの在籍確認だとはっきり分かってしまうでしょう。もしも、バレてしまう理由があるとすれば、自分自身の行動や職場などにありますので、自分の場合は大丈夫かどうかをしっかりと確認しておきましょう。

 

在籍確認の電話自体を避ける

在籍確認の電話が来てしまったら、何が何でも会社にバレてしまう場合や、そもそも、会社が個人情報の取り扱いに厳しく、そのような連絡が来た際には、必ず言わないように教育されている方ばかりしかいない、というような場合ですと、在籍確認の電話自体を無くす方法を取るといいでしょう。

 

消費者金融で在籍確認の電話を無くす場合

消費者金融にしろ銀行カードローンにしろ同じことなのですが、まず始めに在籍確認の電話を無くすことが可能なキャッシング会社を選ぶようにする必要があります。それが可能なのは消費者金融の場合はアコム、プロミス、モビットです。アコムだけは少々特別ですので、後程説明しますが、モビットとプロミスの場合は似通っています。

 

どちらの場合でも、在籍確認を行う際に必要となるのは書類です。書類での在籍確認を行うことになり、その際には会社の保険証か給与明細などを提示する必要がありますので、準備しましょう。モビットの場合ですとさらに条件として、東京三菱UFJ銀行か、三井住友銀行の銀行口座を持っている必要があります。

 

それらを持っていればモビットを利用する方がはるかに楽です。というのも、モビットの場合ですと在籍確認の電話を無くす条件をクリアしていれば、ネットだけで申し込みから借入までできるWEB完結という制度を利用できるからです。プロミスの場合は、口座は必要ではありませんが、申込みの後に、在籍確認の方法を電話以外の方法で行いたい、ということを電話口か自動契約機を利用して、口頭で伝える必要があります。

 

そこまで面倒な方法ではありませんので、もしも銀行口座を持っていないのであれば、プロミスを利用すれば大丈夫です。アコムの場合は、在籍確認の方法を変更することはできませんし、電話自体を完全になくすことはできません。ただ、在籍確認の電話に失敗したとしても、10万円までのキャッシングなら利用することが可能になります。後程必ず、再度在籍確認の電話が来るので、あくまでも一時しのぎにしかならないので注意しましょう。

 

銀行カードローンで無くす場合

銀行カードローンの場合は、通常は在籍確認の電話は必須です。しかし、例外として楽天銀行スーパーローンと、東京三菱UFJ銀行ならば、それらを無くせる可能性があります。こちらの場合はあくまで無くせるかもしれない、という程度ですので、確実性には欠けますから注意しましょう。

 

楽天銀行スーパーローンの場合だと、30万円以下ならば電話が来ない場合がある、ということです。公式でどのようになっているかの見解こそありませんが、体験談として多く寄せられているので、可能性は高いでしょう。東京三菱UFJ銀行の場合でしたら、銀行が用意しているテレビ窓口を、在籍確認に確実に失敗してしまう時間帯や、休日に申込みをすれば、無くなる可能性がある、というものです。

 

こちらも口コミなどで寄せられている情報に過ぎませんが、それでもかなりの量が寄せられていますので、可能性は高いと言えるでしょう。

スピードカードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日