MENU

おまとめローンが組めない場合は自己破産するしかない?

おまとめローンの審査に落ちてしまっても、すぐに自己破産を考えるのは早計です。自己破産は債務整理の手段の1つですが、その他にも任意整理や個人再生といった手段があります。

 

これらは自己破産とは違い、全ての債務が帳消しにはなりませんが、かなりの減額を受けることができます。元々おまとめローンで返済をしようと考えていたのであれば、問題なく返済できる金額になることがほとんどです。この任意整理や個人再生といった債務整理について見ていきます。

 

まずは任意整理を考えましょう

おまとめローンの審査に落ちてしまった場合、まず任意整理を行うことを考えてください。おまとめローンを組まなくても返済ができるようであれば行う必要はありませんが、どうしても無理だと思った場合はためらう必要はありません。これは法的にも認められている債務整理の手段です。

 

任意整理とは?

任意整理とは、弁護士や司法書士に依頼をして、まず債権者である消費者金融などと借り入れ額の減額や返済中の金利の免除について話し合いを行ってもらいます。その結果、減額された残りの分を決められた期間内に返済することになります。交渉次第ではこの返済中の金利が免除されることがあります。

 

文字通り任意の交渉なので、必ずしも相手側が乗ってくれるとは限りません。ですが消費者金融なども自己破産をされるよりはマシなので、全く相手にされないことはまずありません。これは実際に交渉を行う弁護士や司法書士の腕によるところが大きい手段だといえます。任意整理の経験が豊富な人に依頼した方がいいでしょう。またこれに掛かる費用もまちまちです。

 

大抵の場合で、3年間で無理なく返済を行える額まで減額を求めます。またこれは債権者ごとに行う必要があり、全ての債権者に対して行う必要はありません。基本的には借り入れ額が大きいところから行います。何社からか減額を受けて、これなら返済できると思った時点でその他の債権者には行う必要はありません。

 

個人再生とは?

個人再生は任意整理のように任意の交渉を行う訳ではなく、裁判所を通して債権者に減額や返済中の金利の免除を求める手段です。任意整理とは違い、借り入れ総額によって減額を受けられる金額や返済期間が決まっています。

 

多くの場合で任意整理より借り入れ総額が減額されることになりますが、その結果は裁判所が認定するため、残りの分の返済は任意整理の場合以上にきちんと行わなくてはいけません。例えば総額500万円の借り入れがあった場合、100万円まで減額されます。そしてその100万円を3年以内に返済することになります。100万円を3年で返済するのは、定期的な収入がある人であればそう難しいことではないと思います。

 

任意整理の場合はここまでの減額は難しいかも知れません。またいいことばかりではなく、この個人再生を行ったことは信用情報に記録されるため、返済中はもちろん、返済が終わった後も最低5年間は新たな借り入れを行うことができなくなります。ですが膨大な借り入れを抱えて毎月の返済に苦しんでいる場合、この大きな減額を受けて一気に返済を行ってしまった方がいいといえるでしょう。

 

任意整理や個人再生を行える条件

この2つの債務整理には、行える条件があります。それは現在定期的な収入があることです。いくら減額を受けても債務は残ります。それを決められた期間内に返済しなくてはならないので、この収入は不可欠です。

 

また住宅ローンや車のローンなどを抱えている場合、それらのローンは別になります。そういったローンについては今まで通り支払っていく必要があります。逆に考えると、自宅や車を売却する必要はないということです。

 

自己破産の場合は?

自己破産は最終手段だといえます。これは裁判所に免責を許可してもらうことで、一切の債務の返済の義務が無くなる債務整理の手段です。申請を行う段階で、20万円以上の価値が認められる全ての私財は処分して返済に充てないといけません。

 

これには自宅や車なども含まれます。また預金も原則的に20万円以上残すことはできません。一切の債務が無くなりますが、デメリットも一番大きい債務整理の手段です。また自己破産は、借りたお金の使い方が悪いと免責が下りない可能性があります。それはギャンブルなどで使った場合や、身の丈に合わない贅沢に使った場合などです。

 

自己破産を行うと、最長で10年間新たな借り入れを行えなくなると思ってください。また弁護士や司法書士などの特定の職業に就けなくなってしまいますが、これはあまり気にしなくていいでしょう。この自己破産に限り、任意整理や個人再生とは違い、収入がない人でも行うことができます。

 

どの債務整理が必要か考えましょう

デメリットの一番小さい任意整理で済むことが一番ですが、それでは無理そうな場合は個人再生を行うと、大抵の場合で返済できるようになります。それだけ多くの減額を受けられるからです。

 

ですが収入がない場合など、自己破産を選択するしかない場合もあると思います。デメリットは大きいですが、多重債務状態のままでいるよりはよっぽどマシなので、自己破産をしてしまった方がいいことも場合によってはあるといえます。

スピードカードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日