MENU

スピード重視でキャッシングをする方法

すぐにお金を用意せねばならず困った経験がある人もいると思います。こういった時に頼りになるのが即日借り入れ可能なキャッシングです。

 

しかしそうはいっても銀行などは営業時間もありますので、いつでも可能というわけにはいかないでしょう。ここでは土日祝日に限らず24時間365日お金を借りるための裏ワザをお伝えしたいと思います。

 

最短で借入れできる人気のキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

スピード重視のキャッシングとは

即日融資をうたうカードローンはいくつもありますが、審査時間がその会社の営業時間のみに限られていたり、初回の融資は銀行振込であったり、と制約があるものも多いのです。

 

ネットバンキングを振り込み先に使う

普通口座を振り込み先に使う場合、平日午後3時以降の振り込みは翌営業日の振り込みとなってしまい、振り込みがあったとしても口座に反映されません。しかしネットバンキングの場合、そのようなことは起こりません。早急に借り入れを行いたいならばネットバンキングの口座を使うべきです。

 

自動契約機を利用する

銀行口座への振り込みが時間がかかる要因になっていると上で説明しましたが、これを解消できるのがカードローンのカードをすぐに手に入れる方法です。通常はカードは郵送で送られてくるのですが、自動契約機を利用すればすぐにカードを手に入れることができます。このカードさえ手に入れば提携ATMで時間を問わずに借り入れを行うことが可能となるのです。

 

使い方はネット経由で審査を受け、結果が出たら自動契約機に向かい身分証明書を提出します。そうすればその場でカードを受け取ることができるのです。ただ、自動契約機は設置台数が限られる上、自宅の近くにあるとも限りません。さらに利用可能な時間も限られているため審査が通ったものの融資をその日のうちに受けられないという可能性も充分に考えられます。もし自宅の近くに自動契約機があるのであれば利用したい方法ではあります。

 

この二つの方法は土日祝日でも即日融資を可能とする方法ですが、審査に時間がかかりすぎる、自動契約機が近所にないなどの理由でその日のうちにお金を借りることに失敗する可能性は十分にあります。審査にかかる時間が短いということであっても営業時間ギリギリに申し込む場合、審査が立て込んでいて終わらずに翌営業日に持ち越しということもあるので、営業がはじまる午前9時以前に可能であれば申し込みを終わらせておいた方が良いでしょう。

 

また自動契約機の数は銀行系のカードローンよりも消費者金融系の方が多いので、そちらを利用する方が手続きもしやすいですし、審査にかかる時間も短いことが多いです。即日融資を成功させるには利用するキャッシング会社の選定も重要な鍵と言えるでしょう。

急いでキャッシングをしたいけど、最短の1時間で借り入れできるのはどこ?

キャッシングは審査のスピードが早いと言われていて、消費者金融だとどこの会社も最短30分となっています。銀行カードローンも即日審査ができるところもありますが、消費者金融よりは時間がかかってしまう事が多いようです。

 

消費者金融は審査がとても早い

大手の消費者金融のホームページを見てみると、どこも審査は最短30分と大々的に記載されています。実際審査にかかる時間は本当に早く、長年の経験と過去の利用データを活用したコンピューターのシステムなども併用してスピード審査を実現できています。

 

30分もの短い間にコンピューターで診断を出して、その間担当者が本人や勤務先に確認の電話をかけます。また個人信用情報機関に照会をして、過去の借金の利用実績についても調査して、全て問題がなければ審査に合格という事になりますし、年収と借金のバランスで返済能力に見合った限度額を提示してきます。

 

この間最短30分で行って、その後に内容を確認したり提出物を送信したりという作業をする時間を合わせても、キャッシュカードを発行されるまでには1時間程度で完了させる事も可能です。提出物もあるので最短で終わらせるには事前に準備が必要ですが、とにかく融資までが早いのが消費者金融のメリットのひとつです。

 

審査には慎重な銀行カードローン

 

銀行系で人気のカードローン「バンクイック」

銀行にもキャッシングができるカードローンという金融商品があります。今一番有名な銀行カードローンは三菱東京UFJ銀行のバンクイックでしょう。

 

バンクイックの場合、銀行カードローンでありながら限りなく消費者金融に近い方法で利用する事ができます。銀行系のカードローン審査は最短30分と言っているところもありますが、実際本当に30分程度で終わるのはバンクイックで、スピーディーな融資に力を入れている銀行です。

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行も即日審査に力を入れていて、消費者金融とも協力して自動契約機をATMコーナーにも設置したりして互いのノウハウを上手く分け合って運営されています。これら2つの銀行は他の銀行カードローンに比べると一歩先へ行っている印象ですが、三菱東京UFJ銀行の場合は消費者金融では借りる事ができない専業主婦への融資も積極的かつスピーディーに対応しています。

 

しかも通常銀行が勤務先への在籍確認をする場合には絶対に電話で行うのが鉄則のようになっていますが、「バンクイック」は電話連絡という形以外の方法でも在籍確認が可能になっています。一方で三井住友銀行カードローンに関しては、専業主婦の借り入れはできませんし、在籍確認は必ず電話で行う事になっています。

 

多くの銀行カードローンの審査には時間がかかる

銀行にはカードローンという金融商品自体はありますが、審査のスピードにはそれほどこだわっていない場合が多く、結果が出るまでに数日がかかる事もありますし、勤務先への在籍確認も基本絶対に電話をかけてその際には銀行名をしっかり名乗ります。

 

銀行の審査は厳しいので、他社の借入額が多かったり複数社からの借り入れがあったりすると不利になる場合もあります。また、勤務先や勤続年数、居住環境や家族構成などの属性に関する評価も厳しめといわれていますので、消費者金融のように30分程度でさっと審査が終わるという事は難しいでしょう。

 

インターネット専用の楽天銀行も審査が早そうですが、結果まで2日ぐらいかかる事もありますし、新たに口座を作る場合にはさらに日にちがかかります。また、銀行は消費者金融よりも最大限度額がとても高く、多いところでは1000万円まで借りられる場合もありますが、その時は額が大きいので確実に審査には時間がかかる事になるでしょう。

 

キャッシングは小額融資に向いている

手軽で便利なキャッシングは、ちょっと困った時の小額融資に向いている金融商品です。小額であれば審査も早くて簡単ですし返済も楽になるでしょう。いきなり数百万円のお金が必要になった場合には何かの目的がある事がほとんどではないでしょうか。

 

そんな時は目的自由のキャッシングではなくて、金利の安い目的別ローンの利用を検討してみてもいいかもしれませんね。年齢や仕事などの条件さえ満たせれば、銀行でも消費者金融でも融資を受ける事はできますが、急いで即日融資を受けたい時には業者選びと申告する限度額に気をつけないとすぐに資金が得られないという事態にもなります。

 

最短の1時間で融資を受けるには申し込み方法や準備があるとよりいいですし、自動契約機で一から全部をしなくても、インターネットや電話などをうまく使い分けて色々な手間を省く事もできます。小額融資なら本人確認書類だけで契約ができますし、土日祝日であっても勤務先の在籍確認さえ何とかなれば審査を通す事は十分可能です。

 

営業時間の長さは消費者金融の自動契約機が一番長くて、朝も8時ぐらいから夜は遅いところで24時まで営業していて、銀行系はそれよりも早く営業を終えてしまいます。

人気カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日